正しい育毛剤

頭皮に湿疹がある場合には育毛剤を使用しないほうがよい

頭皮にプツプツとした湿疹ができている場合は育毛剤を使用してはいけません。
育毛剤は頭皮環境を整えるために使用するものだから頭皮湿疹があっても積極的に使うべきだと考えている方もいるようですが、絶対に使用してはいけません。

 

無理に使っても痛くて辛い思いをするだけでなく、湿疹がなかなか治らずにひどい場合には更に悪化するかもしれません。
まずは頭皮湿疹を治す方を優先し、育毛剤の使用は控えて下さい。

 

頭皮湿疹が出来た時に育毛剤を使用しない方が良い理由はほとんどの育毛剤にアルコールやエタノールが配合されているからです。
アルコールやエタノールは消毒液としても活用されている成分です。

 

頭皮で繁殖した雑菌を除去して清潔な環境を整えるために役立ち、揮発性があるためスーッとした使用感も得られます。
湿疹が出来て炎症を起こしている状態の頭皮にアルコール成分を与えると強烈な痛みを伴います。

 

痛みを感じるほど頭皮にダメージを与えている証拠だと考えられます。また頭皮の状態が良くなり育毛剤を使用できる状態になった時でも、頭皮が悪化しないように正しい育毛剤の使い方を守るようにしていきましょう。

育毛剤よりもまずは頭皮湿疹を治すようにしましょう

本来であれば頭皮湿疹が出来た場合は育毛剤の使用はやめて湿疹を早く治す努力をするべきです。
どうしても育毛剤を使って正しいケアを続行したい場合はアルコールやエタノールが含まれていない育毛剤の使用を検討して下さい。
アルコール類が無添加で可能な限り頭皮に大きなダメージを与えないように開発された育毛剤も存在しています。
湿疹があっても刺激を与えるかもしれない成分が配合されていなければ使用しても問題ないと考えられます。
稀に配合されている成分によってはアレルギー反応を起こして湿疹が悪化するかもしれないので使用前に配合されている成分を確認しておきましょう。

 

育毛剤は頭皮環境を整えるために必要な成分が配合されていますが、全ての方に良い効果をもたらすとは言い切れません。
継続して使っていて湿疹が生じた場合は頭皮に合っていない、普段の生活習慣が悪すぎるなどの理由が考えられます。
一旦育毛剤の使用は中止してなぜ湿疹が生じたのか原因を探ってみましょう。